QUSUYAMA

English

環境に寄り添い、
人と物と経済が有機的に廻ることへの生活提案

Life Style Development

何を大切なものとして生きるか。

生きる為に森と繋がり、流れる川のことを考え、海の透明さを大切にします。
大切な人たちの為に海の微生物、川の魚、森の動物と植物の多様性と幸せを考えます。
 
それが私たちの大切にしているものです。

 

より自然と近未来的な都心生活との共存へ向けて、野生的と都会的の融合へ。
よりホリスティックに生きる私たちになれるような世界へ向けて。

 

QUSUYAMA LLC. 代表 吉水純子

 

 

当社について

東日本大震災直後、2011年4月にインドヒマラヤより帰国しQUSUYAMA LLC. を設立。
当社で扱う精油群はネパールの原生林より収穫・抽出した世界でも珍しい「ワイルドグレード精油」としてアロマセラピストに珍重されており、 森と共存する『ヒマラヤ精油』という愛称で多くの顧客に親しまれています。
私たちは、まだ知名度の低いアロマオイルの顧客を獲得し販路を広げるため、これを使った手作りコスメや、アロマセラピーの講習会などを日本全国で開催し、 さらには海外で学んだ精油制作技術を日本国内の山林の森林活用に活かすため各地へ赴き、開発に協力的な地元民と共に日本固有種の研究を始めています。

クロモミジ収穫

地元近く東伊豆の自然林から、原料となるクロモジの収穫風景

 

ART FARM PROPOSAL

日本各地・世界各地に自生している植物や天然原料を使い、その土地に特有で密着型の仕事を作り出すことも私たちの大切な仕事の一つです。

川上から川下へ

新しい森林資源の価値を皆さんと共に考え、マーケティングと森づくりを連動させるためのお⼿伝いをいたします。ブランディングから営利化へのラインでもスポットでもお気軽にご相談ください。


建材以外の新規製品開発
⼩ロット対応可能なプロダクト(アロマオイル、⽣活必需品や化粧品、雑貨等)
資源活⽤
森林資源を『物化』せず『事化』する森の⽤途(エコツーリズム等)の模索⽀援
広報活動
展⽰会出展、SNS 掲載⽤の写真撮影指南から代理掲載
アロマオイル開発
展示会

 

川下から川上へ

普通にありそうだけれど手に入れようと思ったら中々入手できない。そんな森林資源を国内外構わず探すお手伝いをいたします。

 

節が沢山入った木材/虫食いの面白い形をした木材/多種類の新鮮な葉っぱ/カンナ屑やおがくず/大小ロットで好きな形にカット/山の苔/広葉樹の山や雪山の写真、撮影場所、ギャラリー、鳥や虫の声等

おがくず
山の苔

 

活動の概要と実績はこちら>>

 

OEM受注製品

当社で天然香料を使用した製品の開発や、調香の相談も随時受け付けております。 小ロットの受注も承りますので、先ずはお問い合わせください。

調香
木かげ

木かげ>>

その他「森林資源を新しい方法で有効活用したい」などのご相談も随時受け付けております。国内外構いませんのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

OEM実績及び事例資料はデータまたは郵送にてお送りします>>

ワイルドグレードで手仕事を中心とした製品を取り扱います。その他、ワイルドグレードの手漉き紙製品、国産草木染め布用の染料資材、オーガニック製品や防腐剤、防カビ剤不使用の木材製品や鉱物なども含みます。

【まろやかさの秘密】

ヒマラヤ精油はよく「まろやかですね。」と言われます。その、まろやかさの秘密の一つは薪火の低温にて蒸留するからなのです。元々は狙ってやったというよりは、単純に「燃料と買う費用がないから」というところだったようで、それが良かったのです。
「無いから諦める」のではなくて「無いから工夫する」。
目標をブレさせずに諦めないでそこに向かえば、ちゃんとより良い形で到達するものなのです。ただでさえ空気の薄いヒマラヤ高山で長時間の作業によって大切に大切に蒸留されているのです。

植物原料収穫
蒸溜所

当社では精油を製造するときに『水』をとても大切にしています。 
健康で生命力あふれる植物原料は勿論ですが常に見落とされがちなのがこの水なのです。 
精油は原料となる植物を長時間蒸して作ります。良質な水を使用して蒸留することで香に格段の差が出てきます。 
当社で扱うヒマラヤの精油は蒸留所の近くから湧き出る水を使用しています。日本でも我が社が香りの監修をする精油精製所では、原料となる植物を採取した森が育む水を使用して蒸留をして下さいとお願いしています。 
これがQUSUYAMAの扱う唯一無二の製品クオリティの秘密の一つです。

Act local

Think global

QUSUYAMA ECサイト>>