活動概要
林業モデル

問題点

資金問題
材価低迷と賃金上昇 → 利益減少 → 主伐後の再造林費用が残らない → 補助金頼り
人的問題
従事者の高齢化、所有者の関心低下
環境問題
未管理の森林増加による、 防災・生物多様性・景観の劣化

解決策

コストの低減
苗木の改良、高性能林業機械、路網整備
流通・加工・販売の工夫
製材所の大規模化、市場を通さない直納、海外輸出
多様な森づくり
スギ・ヒノキ・カラマツだけでなく、早生樹の造林、広葉樹の森づくり、木材以外の価値の創出、非皆伐の森林管理等

 

活動実績
2016 年
三重県大台町主催イベント『木塾』にアロマの専門家として派遣
2017 年
宮川森林組合と富士通株式会社協賛深林を守るための事業の活動実績報告イ ベントのコーディネーターから講師などで他企業とのコラボレーション事業へ 積極的に活動を始める。
2018 年
株式会社ファーメンステーションとの3回目の新商品開発 ・三重県大台町広葉樹の森づくりのための国産精油を使用した製品開発コンサ ルティング及びマーケットへの参入と販売網拡大のためのサポート業務。SNS を有効活用し、海外からのオファーも取り付ける。フランスやイタリア、イギリスなどへ実際に赴き、営業活動及びにマーケット リサーチ活動等も執り行う。
2019 年
大栄環境グループ社内で研修会にて総合農林株式会社と共に森林資 源の新しい使用方法に関するレポート発表
大栄